모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索観光名所推薦検索
観光名所推薦検索 프린트 뒤로가기

ALL

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

通り

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

古宅

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

路地

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

公园

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

劇場

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

記念館

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

レジャー

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

文化

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

博物館

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

寺院

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

書院

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

買い物

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

市場

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

歷史

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

伝統

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404

体験

アプ山展望台

都市と自然、歴史と未来が共存する建築物という評価を受けるアプ山展望台は、大邱市街地を一望できる大邱観光の名所として脚光を浴びている。多くの観光客が訪れる観光スポットとしての役割はもちろん、大邱で暮らす大邱市民に大邱がどんな街なのかを知らせる学習の場としての役割を果たしている。クンゴルからロープウェイで行く方法(所要時間15分)と、アンジランコルから登山路を歩いて行く方法(所要時間1時間)がある。 • 登山路 * アンジランコル入口 - 安逸寺 – アプ山展望台(2.5km、所要時間1時間) * クンゴル入口 – ロープウェイ - アプ山展望台(3.2km、所要時間40分) • 観光コースのご案内 アプ山すその道 – アプ山星座体験学習場 - アプ山・マッドゥレキル - アプ山・カフェ通り - アンジラン・モツ通り

お問い合わせ先053-803-5450
大邱コンサートハウス

総合文化ホール「大邱コンサートハウス(Daegu Concert House)」(大邱広域市中区太平路141(太平路2街)所在)は、1975年10月5日に大邱市民会館としてオープンし、老朽化によって補修・補強が必要となり、共有財産委託開発事業方式による改修によって国際レベルのコンサートホールとなり、2013年11月29日にリニューアルオープンし、2016年1月1日に「大邱コンサートハウス」に改称された。専属の芸術団体は、大邱市が運営する大邱市立合唱団と大邱市立交響楽団。 文化が息づき、感動に満ち溢れる公演・文化芸術のメッカ「大邱コンサートハウス」のビジョンは下記のとおり。 - 舞台芸術の振興と市民の文化享受の機会増大という新しい概念の公演・文化施設 - 素晴らしい文化芸術作品の企画・公演などを通じ、地域と地域、国と国が交流し、感動を共有する未来志向でクリエイティブな文化施設 - 文化芸術分野において世界レベルの競争力を備えた人材の育成による文化芸術都市としてのプレゼンスの向上

お問い合わせ先053-250-1400
住        所 大邱広域市中区太平路141
八公山自然公園

慶尚北道と大邱広域市にまたがっている八公山の頂上は、高さ1,192mある。大邱広域市の中心部から北東へ約20㎞離れた地点にそびえる大邱の名山として知られている。主峰である毘盧峰を中心に、東~西に20㎞渡って尾根が続く。新羅時代には、父岳、中岳、公山、桐藪山など複数の名前で呼ばれていた。朝鮮時代になり今の八公山になった。 <もっと調べる>八公山は大邱市の中心部から北東方向に約20km地点に、太白山脈が南に尾根が続き、洛東江と琴湖江が会うところまで高く荘厳にそびえる山だ。標高1,192mの峰を中心にドンボン(別名、ミタボン1,155m)西峰(別名:三聖峰1.150m)が肩を並べている。行政区域として大邱市東区に属し、永川市・慶山市・漆谷郡など4つの市•郡を境に、総面積が30.593㎢である。 また、ここでは仏教文化の中心地で、カッパウィ・桐華寺・把溪寺・符仁寺・北地藏寺・觀音寺など有名なお寺がある。春は ツツジや映山紅が咲き、秋には紅葉などで美しい風景が見られる。

お問い合わせ先053-982-0005
琵瑟山郡立公園

1986年2月22日達城郡立公園に指定された。土山でありながら山の地形が荘重で、大見峰と照華峰•觀機峰の間には、341㏊に達する琵瑟山の自然休養林があり、森林浴とリラックスして楽しむことができる。また、春になると高地30万坪にもわたってツツジの花が美しく咲く。毎年4〜5月に琵瑟山カラムラサキツツジ祭では、民俗遊びや屋台なども開かれる。その他、夏は霧渓谷、秋は紅葉にススキ、冬は氷銅山が有名である。公園の中には瑜伽寺•龍淵寺•逍災寺など、多くの文化財がある。達成公園、側柏樹林、達成霞鶩亭などの周辺観光地も見学することが出来る。

お問い合わせ先053-614-5481~2
江亭高霊堰 – ザ・アーク(The ARC)

江亭高霊堰は、生命の調和を象徴し大邱には欠かせないものである。川の中心にある江亭に造成された江亭高霊堰は、新しい名所として注目を浴びている。江亭高霊堰(堰の長さ953.5m)は、洛東江の堰の中で最も大きな規模を誇る。また、洛東江と琴湖江の合流地点になるため、内陸湿地である「達成湿地」は全体の長さ3kmを超え、広いところでは幅が600mにもなる。さらに、ワシミミズク・ヤマネコ・カワウソ・ジムグリガエルなどの生態系も見られ、自然と文化が共存している。ザ・アーク(The ARC)は「水」をテーマに観覧客と進化した複合空間で構成された施設だ。モダンな雰囲気とシンプルなデザインで構成され、地下1階に展示スペースとアートギャラリー、1,2階には「水」をテーマにした巨大なサークル映像を見ることが出来る。

お問い合わせ先053-585-0917
アプ山ケーブルカー

アプ山ケーブルカーは、大邱アプ山公園内にある洛東江勝戦記念館の近くに位置しており、 乗車定員は48人、秒速3.5メートルで片道5分程かかる。 利用料金は個人往復9,000ウォン、片道7,000ウォン、団体往復8,500ウォン、片道6,500ウォンであり、小人は2,000ウォン割引される。 ケーブルカーに乗って頂上に登ると目の前に広がる絵のような大邱景色を見ると、胸いっぱいの感動を感じることができる。 鬱蒼とした森で山の中の空気を思いきり飲むと日常のストレスが解消できるし活力を得ることができる。

お問い合わせ先053-656-2994
寿城池遊園地

大邱市寿城区上洞・斗山洞・巴洞・芝山洞に隣接した遊園地で、面積は1215万㎡である。 1940年代大邱部公園に指定され、1982年9月に溜水エリア、運動エリア、レクリエーション休養エリアおよび管理地域エリアに確定した。その後1983年に東大邱路と繋がり、進入路を拡張するとともに、周辺の商店街等を大々的に整備し、本格的な都市型遊園地に造成された。龍池峰(634m)から北に降りた緩やかな山地と寿城池が交わって景観が非常に美しい。寿城池は面積21万8000㎡、釘周囲2,020mで、ボート遊びも楽しむことができる。寿城池の西側には、宇宙船•クルーズ遊覧船•バイキング•メリーゴーランド•ミニ電車汽車など様々な遊び施設を備えた寿城ランドが入っている。

お問い合わせ先053-666-2863
達成公園

達成公園は、大邱の公園の中で最も古く、市民の身近な憩いの場になっている。公園内には、地方文化財資料の第3号である觀風樓(慶尙監營の正門)もある。高宗光武9年(1905)に公園に変わり、1965年2月大邱市に新しい総合公園造成計画を立て、大公園を作ったのだ。芝生広場、総合文化館、動物園のほか、李相和詩碑などのような記念物もある。

お問い合わせ先053-554-7907~8
慶尙監営公園

慶尙監営公園内にある宣化堂は、慶尙監営の政庁に使用され、今でもそのまま残されている価値の高いものだ。山格洞に移転した後、1970年に中央公園オープン時に補修された。慶尙監営公園は 大邱に移って約400年になる。慶尙監営が初めて地位についた場所を、永久に保存しようという趣旨で、1970年に(旧)中央公園の場所に設備を備え、1997年10月に新たにオープンした。境内には慶尙監が執務を行っていた宣化堂(大邱有形文化財第1号)と住居だったジンチョンガク(大邱有形文化財第2号)が立てられており、監察使として功績が認められ善政碑(29期)がある。この公園は、緑の森と美しい花、手入れの行き届いた芝生、噴水、居心地の良い遊歩道やベンチなどがあり、市民が窮屈な都市生活の中で溜まった疲労とストレスを解放する静かな休息空間として利用している。

お問い合わせ先053-254-9404