모바일메뉴

宿泊 / 飲食店

HOME宿泊 / 飲食店おいしい店分類別の美味しい店
分類別の美味しい店 프린트 뒤로가기

全体

コヒャンジプ・カルグッス

コヒャンジプ・カルグッスは、東区新川洞(松羅路)にあるカルグッス(手打ち麺)専門店で、1階では韓国牛と韓国豚を販売しています。三代目が切り盛りする31年の老舗カルグッス専門店で、2014年には耽味雑誌で「麺料理グルメ店」と紹介されました。新岩地下道から新川駅交差点へ向かっていくと、駅1番出口のすぐ近くにあります。大きい建物で看板も目立つので、すぐ見つけられます。建物の前面と側面に大型駐車場があります。 建物は4階建てで、2階と3階がコヒャンチプ・カルグッスです。1階は「チェバウ・チャムスップル・ソコギチプ」(牛焼肉専門店、コヒャンチプ・カルグッス経営)、2階はテーブルが置かれた小さめの部屋、3階は予約席(全席)と最大100人収容できる大型宴会場という構成です。 メニューは、看板メニューのコヒャン(故郷)カルグッスのほか、チャプサルスジェビ(もち米のすいとん)やチャプサルスンデ(もち米の腸詰め)、アムポン(豚のコブクロ)、スユク(牛肉や豚肉を茹でたもの)などです。昔ながらのレシピにこだわり、麺棒は「ホンドゥッケ」を使っています。アカガニやカタクチイワシ、コンブなど12種類の食材を入れて4時間以上煮込んだ濃厚なスープとコシのある麺、炒めた牛肉をトッピングするのが特徴です。

お問い合わせ先053-751-6850
マッチョウンギョ

お店の名前でもあるマッチョウンギョは、 「おいしい」という大邱の方言から来ている。日々、新しい食文化を目指すふぐ料理専門店。場所は路地裏に位置し、不利な営業環境にもかかわらず 17年という長い歴史がある店だ。常に多くの常連客で営業している。看板メニューのふぐやキノコを組み合わせた高たんぱく低カロリーのメニューは、二重鍋の上段に各種のキノコと野菜、フグの身を入れ下段にはもやし、フグの骨、タケノコ、セリなどふんだんに入れ蒸す。多くの試行錯誤の末に完成した料理だけに店主の深い思いが込められている。「ふぐ料理の大衆化」のために努力するオーナーのマインドがすごい。いかにして栄養をなくさず作るかにも力を入れている。「健康に良いご飯」という慶尚道方言の意味が込められた「健康テッキルバプ」は米ともち米、サツマイモ、インゲン、トウモロコシ、カボチャ、椎茸、銀杏などを入れてた後、生野菜のナムルを混ぜて食べるととっておきの健康料理。ふぐに餅を組み合わせたボクトッキは子供と女性から好評のメニューになっている。

お問い合わせ先053-629-0259
百福寿飯

アプ山のグルメ町にあるペッポクスバンは、黄土部屋で、伝統の美しさを生かした小物と野生の花でインテリアをして、快適で親切なサービスあふれる韓国伝統料理の名家である。サッパの刺身の吸い物、石焼コンドゥレがお勧め。

お問い合わせ先053-656-8848
ボンドンふぐ

二日酔いに良く効くフグ鍋またスープで、さっぱりして淡白な味が堪能できる。セリや大根などを入れたふぐちり鍋と濃厚なソースで煮たふぐメウンタン(辛い鍋)が人気メニューで、ふぐブルゴギも絶品。

お問い合わせ先053-527-2206
サンホチムカルビ( 蒸し煮カルビ)

63年から営業しているドンインドン蒸し煮カルビは、味は辛口で、洋銀鍋に入って出されるのが特徴だ。これが人々からいい伝わられ、100メートルの両側には「ドンインドン蒸し煮カルビ路地」が作られた。他の鉄製鍋に比べ、熱が伝洋銀鍋を使用して、調理された蒸し煮カルビは、最高の肉質になり、多様な種類の薬味が交わって最高の味を作り出す。今では大邱の郷土料理としての位置づけされ、全国で人気を得ている。外国人にご馳走しても喜ばれそうだ

お問い合わせ先053-423-3330
大邱伝統タロ食堂

大邱市選定郷土伝統飲食店で、ご飯とスープ別々出てくる(韓国語でタロ)タロクッパ専門店である。30年以上、この場所でクッパを販売している。そうめんが別に出るので、スープに入れて一緒に召し上がるとさらに美味しい 。同じ食材で料理してもお店ごとに味が違い、これを食べて帰らなければ、絶対に後悔することになる。地方から来た人なら一度は味わって欲しい。

お問い合わせ先053-257-1476
大徳(デドク)

大徳レストランは、大邱人なら誰もが知っているソンジクッパ(牛の凝り固まった血を入れて煮たスープ)で有名なお店である。1979年に夫人がオープンして以来、現店主の息子が受け継いで40年の伝統を誇っている。牛血クッパの秘訣は、特別なものではなく、新鮮な食材と、良い調味料の使用など食品に対してこだわりを大切にしている。毎朝、新鮮な牛血を購入し、ぐつぐつ煮込んだ牛の骨だしに国内産のニンニク・唐辛子粉・くず葉を使い丁寧に煮出し、他では出せない味である。牛血クッパは、登山客一食にもよいし、価格も手ごろで、健康食品である。お店の周辺には、休憩を取る場所アプサン公園と大邱を一望出来るアプサン展望台、ケーブルカーそして、市民の健康を守ってくれるのハイキングも楽しめる。

お問い合わせ先053-623-0613
サムス(三水)うなぎ

サ厶スウナギは、昔から健康食品で広く知られているウナギを、伝統的に伝わる秘法レシピと現代的な感覚を生かして作られる新たに料理。お客様の健康を第一に考え、栄養たっぷりで美味しい。

お問い合わせ先053-745-7800~1
マサン(馬山)ソルロンタン

大邱市中区に位置するマサンソルロンタンは、30年近い伝統を誇る店であり、牛の骨をじっくり煮込んだ味深いスープが一品である。釜に韓牛の骨を入れて、24時間じっくり煮込み、香ばしくてあっさりした味が味わえる。

お問い合わせ先053-254-4317

韓国料理

コヒャンジプ・カルグッス

コヒャンジプ・カルグッスは、東区新川洞(松羅路)にあるカルグッス(手打ち麺)専門店で、1階では韓国牛と韓国豚を販売しています。三代目が切り盛りする31年の老舗カルグッス専門店で、2014年には耽味雑誌で「麺料理グルメ店」と紹介されました。新岩地下道から新川駅交差点へ向かっていくと、駅1番出口のすぐ近くにあります。大きい建物で看板も目立つので、すぐ見つけられます。建物の前面と側面に大型駐車場があります。 建物は4階建てで、2階と3階がコヒャンチプ・カルグッスです。1階は「チェバウ・チャムスップル・ソコギチプ」(牛焼肉専門店、コヒャンチプ・カルグッス経営)、2階はテーブルが置かれた小さめの部屋、3階は予約席(全席)と最大100人収容できる大型宴会場という構成です。 メニューは、看板メニューのコヒャン(故郷)カルグッスのほか、チャプサルスジェビ(もち米のすいとん)やチャプサルスンデ(もち米の腸詰め)、アムポン(豚のコブクロ)、スユク(牛肉や豚肉を茹でたもの)などです。昔ながらのレシピにこだわり、麺棒は「ホンドゥッケ」を使っています。アカガニやカタクチイワシ、コンブなど12種類の食材を入れて4時間以上煮込んだ濃厚なスープとコシのある麺、炒めた牛肉をトッピングするのが特徴です。

お問い合わせ先053-751-6850
マッチョウンギョ

お店の名前でもあるマッチョウンギョは、 「おいしい」という大邱の方言から来ている。日々、新しい食文化を目指すふぐ料理専門店。場所は路地裏に位置し、不利な営業環境にもかかわらず 17年という長い歴史がある店だ。常に多くの常連客で営業している。看板メニューのふぐやキノコを組み合わせた高たんぱく低カロリーのメニューは、二重鍋の上段に各種のキノコと野菜、フグの身を入れ下段にはもやし、フグの骨、タケノコ、セリなどふんだんに入れ蒸す。多くの試行錯誤の末に完成した料理だけに店主の深い思いが込められている。「ふぐ料理の大衆化」のために努力するオーナーのマインドがすごい。いかにして栄養をなくさず作るかにも力を入れている。「健康に良いご飯」という慶尚道方言の意味が込められた「健康テッキルバプ」は米ともち米、サツマイモ、インゲン、トウモロコシ、カボチャ、椎茸、銀杏などを入れてた後、生野菜のナムルを混ぜて食べるととっておきの健康料理。ふぐに餅を組み合わせたボクトッキは子供と女性から好評のメニューになっている。

お問い合わせ先053-629-0259
百福寿飯

アプ山のグルメ町にあるペッポクスバンは、黄土部屋で、伝統の美しさを生かした小物と野生の花でインテリアをして、快適で親切なサービスあふれる韓国伝統料理の名家である。サッパの刺身の吸い物、石焼コンドゥレがお勧め。

お問い合わせ先053-656-8848
ボンドンふぐ

二日酔いに良く効くフグ鍋またスープで、さっぱりして淡白な味が堪能できる。セリや大根などを入れたふぐちり鍋と濃厚なソースで煮たふぐメウンタン(辛い鍋)が人気メニューで、ふぐブルゴギも絶品。

お問い合わせ先053-527-2206
サンホチムカルビ( 蒸し煮カルビ)

63年から営業しているドンインドン蒸し煮カルビは、味は辛口で、洋銀鍋に入って出されるのが特徴だ。これが人々からいい伝わられ、100メートルの両側には「ドンインドン蒸し煮カルビ路地」が作られた。他の鉄製鍋に比べ、熱が伝洋銀鍋を使用して、調理された蒸し煮カルビは、最高の肉質になり、多様な種類の薬味が交わって最高の味を作り出す。今では大邱の郷土料理としての位置づけされ、全国で人気を得ている。外国人にご馳走しても喜ばれそうだ

お問い合わせ先053-423-3330
大邱伝統タロ食堂

大邱市選定郷土伝統飲食店で、ご飯とスープ別々出てくる(韓国語でタロ)タロクッパ専門店である。30年以上、この場所でクッパを販売している。そうめんが別に出るので、スープに入れて一緒に召し上がるとさらに美味しい 。同じ食材で料理してもお店ごとに味が違い、これを食べて帰らなければ、絶対に後悔することになる。地方から来た人なら一度は味わって欲しい。

お問い合わせ先053-257-1476
大徳(デドク)

大徳レストランは、大邱人なら誰もが知っているソンジクッパ(牛の凝り固まった血を入れて煮たスープ)で有名なお店である。1979年に夫人がオープンして以来、現店主の息子が受け継いで40年の伝統を誇っている。牛血クッパの秘訣は、特別なものではなく、新鮮な食材と、良い調味料の使用など食品に対してこだわりを大切にしている。毎朝、新鮮な牛血を購入し、ぐつぐつ煮込んだ牛の骨だしに国内産のニンニク・唐辛子粉・くず葉を使い丁寧に煮出し、他では出せない味である。牛血クッパは、登山客一食にもよいし、価格も手ごろで、健康食品である。お店の周辺には、休憩を取る場所アプサン公園と大邱を一望出来るアプサン展望台、ケーブルカーそして、市民の健康を守ってくれるのハイキングも楽しめる。

お問い合わせ先053-623-0613
サムス(三水)うなぎ

サ厶スウナギは、昔から健康食品で広く知られているウナギを、伝統的に伝わる秘法レシピと現代的な感覚を生かして作られる新たに料理。お客様の健康を第一に考え、栄養たっぷりで美味しい。

お問い合わせ先053-745-7800~1
マサン(馬山)ソルロンタン

大邱市中区に位置するマサンソルロンタンは、30年近い伝統を誇る店であり、牛の骨をじっくり煮込んだ味深いスープが一品である。釜に韓牛の骨を入れて、24時間じっくり煮込み、香ばしくてあっさりした味が味わえる。

お問い合わせ先053-254-4317

西洋料理

コヒャンジプ・カルグッス

コヒャンジプ・カルグッスは、東区新川洞(松羅路)にあるカルグッス(手打ち麺)専門店で、1階では韓国牛と韓国豚を販売しています。三代目が切り盛りする31年の老舗カルグッス専門店で、2014年には耽味雑誌で「麺料理グルメ店」と紹介されました。新岩地下道から新川駅交差点へ向かっていくと、駅1番出口のすぐ近くにあります。大きい建物で看板も目立つので、すぐ見つけられます。建物の前面と側面に大型駐車場があります。 建物は4階建てで、2階と3階がコヒャンチプ・カルグッスです。1階は「チェバウ・チャムスップル・ソコギチプ」(牛焼肉専門店、コヒャンチプ・カルグッス経営)、2階はテーブルが置かれた小さめの部屋、3階は予約席(全席)と最大100人収容できる大型宴会場という構成です。 メニューは、看板メニューのコヒャン(故郷)カルグッスのほか、チャプサルスジェビ(もち米のすいとん)やチャプサルスンデ(もち米の腸詰め)、アムポン(豚のコブクロ)、スユク(牛肉や豚肉を茹でたもの)などです。昔ながらのレシピにこだわり、麺棒は「ホンドゥッケ」を使っています。アカガニやカタクチイワシ、コンブなど12種類の食材を入れて4時間以上煮込んだ濃厚なスープとコシのある麺、炒めた牛肉をトッピングするのが特徴です。

お問い合わせ先053-751-6850
マッチョウンギョ

お店の名前でもあるマッチョウンギョは、 「おいしい」という大邱の方言から来ている。日々、新しい食文化を目指すふぐ料理専門店。場所は路地裏に位置し、不利な営業環境にもかかわらず 17年という長い歴史がある店だ。常に多くの常連客で営業している。看板メニューのふぐやキノコを組み合わせた高たんぱく低カロリーのメニューは、二重鍋の上段に各種のキノコと野菜、フグの身を入れ下段にはもやし、フグの骨、タケノコ、セリなどふんだんに入れ蒸す。多くの試行錯誤の末に完成した料理だけに店主の深い思いが込められている。「ふぐ料理の大衆化」のために努力するオーナーのマインドがすごい。いかにして栄養をなくさず作るかにも力を入れている。「健康に良いご飯」という慶尚道方言の意味が込められた「健康テッキルバプ」は米ともち米、サツマイモ、インゲン、トウモロコシ、カボチャ、椎茸、銀杏などを入れてた後、生野菜のナムルを混ぜて食べるととっておきの健康料理。ふぐに餅を組み合わせたボクトッキは子供と女性から好評のメニューになっている。

お問い合わせ先053-629-0259
百福寿飯

アプ山のグルメ町にあるペッポクスバンは、黄土部屋で、伝統の美しさを生かした小物と野生の花でインテリアをして、快適で親切なサービスあふれる韓国伝統料理の名家である。サッパの刺身の吸い物、石焼コンドゥレがお勧め。

お問い合わせ先053-656-8848
ボンドンふぐ

二日酔いに良く効くフグ鍋またスープで、さっぱりして淡白な味が堪能できる。セリや大根などを入れたふぐちり鍋と濃厚なソースで煮たふぐメウンタン(辛い鍋)が人気メニューで、ふぐブルゴギも絶品。

お問い合わせ先053-527-2206
サンホチムカルビ( 蒸し煮カルビ)

63年から営業しているドンインドン蒸し煮カルビは、味は辛口で、洋銀鍋に入って出されるのが特徴だ。これが人々からいい伝わられ、100メートルの両側には「ドンインドン蒸し煮カルビ路地」が作られた。他の鉄製鍋に比べ、熱が伝洋銀鍋を使用して、調理された蒸し煮カルビは、最高の肉質になり、多様な種類の薬味が交わって最高の味を作り出す。今では大邱の郷土料理としての位置づけされ、全国で人気を得ている。外国人にご馳走しても喜ばれそうだ

お問い合わせ先053-423-3330
大邱伝統タロ食堂

大邱市選定郷土伝統飲食店で、ご飯とスープ別々出てくる(韓国語でタロ)タロクッパ専門店である。30年以上、この場所でクッパを販売している。そうめんが別に出るので、スープに入れて一緒に召し上がるとさらに美味しい 。同じ食材で料理してもお店ごとに味が違い、これを食べて帰らなければ、絶対に後悔することになる。地方から来た人なら一度は味わって欲しい。

お問い合わせ先053-257-1476
大徳(デドク)

大徳レストランは、大邱人なら誰もが知っているソンジクッパ(牛の凝り固まった血を入れて煮たスープ)で有名なお店である。1979年に夫人がオープンして以来、現店主の息子が受け継いで40年の伝統を誇っている。牛血クッパの秘訣は、特別なものではなく、新鮮な食材と、良い調味料の使用など食品に対してこだわりを大切にしている。毎朝、新鮮な牛血を購入し、ぐつぐつ煮込んだ牛の骨だしに国内産のニンニク・唐辛子粉・くず葉を使い丁寧に煮出し、他では出せない味である。牛血クッパは、登山客一食にもよいし、価格も手ごろで、健康食品である。お店の周辺には、休憩を取る場所アプサン公園と大邱を一望出来るアプサン展望台、ケーブルカーそして、市民の健康を守ってくれるのハイキングも楽しめる。

お問い合わせ先053-623-0613
サムス(三水)うなぎ

サ厶スウナギは、昔から健康食品で広く知られているウナギを、伝統的に伝わる秘法レシピと現代的な感覚を生かして作られる新たに料理。お客様の健康を第一に考え、栄養たっぷりで美味しい。

お問い合わせ先053-745-7800~1
マサン(馬山)ソルロンタン

大邱市中区に位置するマサンソルロンタンは、30年近い伝統を誇る店であり、牛の骨をじっくり煮込んだ味深いスープが一品である。釜に韓牛の骨を入れて、24時間じっくり煮込み、香ばしくてあっさりした味が味わえる。

お問い合わせ先053-254-4317

日食

コヒャンジプ・カルグッス

コヒャンジプ・カルグッスは、東区新川洞(松羅路)にあるカルグッス(手打ち麺)専門店で、1階では韓国牛と韓国豚を販売しています。三代目が切り盛りする31年の老舗カルグッス専門店で、2014年には耽味雑誌で「麺料理グルメ店」と紹介されました。新岩地下道から新川駅交差点へ向かっていくと、駅1番出口のすぐ近くにあります。大きい建物で看板も目立つので、すぐ見つけられます。建物の前面と側面に大型駐車場があります。 建物は4階建てで、2階と3階がコヒャンチプ・カルグッスです。1階は「チェバウ・チャムスップル・ソコギチプ」(牛焼肉専門店、コヒャンチプ・カルグッス経営)、2階はテーブルが置かれた小さめの部屋、3階は予約席(全席)と最大100人収容できる大型宴会場という構成です。 メニューは、看板メニューのコヒャン(故郷)カルグッスのほか、チャプサルスジェビ(もち米のすいとん)やチャプサルスンデ(もち米の腸詰め)、アムポン(豚のコブクロ)、スユク(牛肉や豚肉を茹でたもの)などです。昔ながらのレシピにこだわり、麺棒は「ホンドゥッケ」を使っています。アカガニやカタクチイワシ、コンブなど12種類の食材を入れて4時間以上煮込んだ濃厚なスープとコシのある麺、炒めた牛肉をトッピングするのが特徴です。

お問い合わせ先053-751-6850
マッチョウンギョ

お店の名前でもあるマッチョウンギョは、 「おいしい」という大邱の方言から来ている。日々、新しい食文化を目指すふぐ料理専門店。場所は路地裏に位置し、不利な営業環境にもかかわらず 17年という長い歴史がある店だ。常に多くの常連客で営業している。看板メニューのふぐやキノコを組み合わせた高たんぱく低カロリーのメニューは、二重鍋の上段に各種のキノコと野菜、フグの身を入れ下段にはもやし、フグの骨、タケノコ、セリなどふんだんに入れ蒸す。多くの試行錯誤の末に完成した料理だけに店主の深い思いが込められている。「ふぐ料理の大衆化」のために努力するオーナーのマインドがすごい。いかにして栄養をなくさず作るかにも力を入れている。「健康に良いご飯」という慶尚道方言の意味が込められた「健康テッキルバプ」は米ともち米、サツマイモ、インゲン、トウモロコシ、カボチャ、椎茸、銀杏などを入れてた後、生野菜のナムルを混ぜて食べるととっておきの健康料理。ふぐに餅を組み合わせたボクトッキは子供と女性から好評のメニューになっている。

お問い合わせ先053-629-0259
百福寿飯

アプ山のグルメ町にあるペッポクスバンは、黄土部屋で、伝統の美しさを生かした小物と野生の花でインテリアをして、快適で親切なサービスあふれる韓国伝統料理の名家である。サッパの刺身の吸い物、石焼コンドゥレがお勧め。

お問い合わせ先053-656-8848
ボンドンふぐ

二日酔いに良く効くフグ鍋またスープで、さっぱりして淡白な味が堪能できる。セリや大根などを入れたふぐちり鍋と濃厚なソースで煮たふぐメウンタン(辛い鍋)が人気メニューで、ふぐブルゴギも絶品。

お問い合わせ先053-527-2206
サンホチムカルビ( 蒸し煮カルビ)

63年から営業しているドンインドン蒸し煮カルビは、味は辛口で、洋銀鍋に入って出されるのが特徴だ。これが人々からいい伝わられ、100メートルの両側には「ドンインドン蒸し煮カルビ路地」が作られた。他の鉄製鍋に比べ、熱が伝洋銀鍋を使用して、調理された蒸し煮カルビは、最高の肉質になり、多様な種類の薬味が交わって最高の味を作り出す。今では大邱の郷土料理としての位置づけされ、全国で人気を得ている。外国人にご馳走しても喜ばれそうだ

お問い合わせ先053-423-3330
大邱伝統タロ食堂

大邱市選定郷土伝統飲食店で、ご飯とスープ別々出てくる(韓国語でタロ)タロクッパ専門店である。30年以上、この場所でクッパを販売している。そうめんが別に出るので、スープに入れて一緒に召し上がるとさらに美味しい 。同じ食材で料理してもお店ごとに味が違い、これを食べて帰らなければ、絶対に後悔することになる。地方から来た人なら一度は味わって欲しい。

お問い合わせ先053-257-1476
大徳(デドク)

大徳レストランは、大邱人なら誰もが知っているソンジクッパ(牛の凝り固まった血を入れて煮たスープ)で有名なお店である。1979年に夫人がオープンして以来、現店主の息子が受け継いで40年の伝統を誇っている。牛血クッパの秘訣は、特別なものではなく、新鮮な食材と、良い調味料の使用など食品に対してこだわりを大切にしている。毎朝、新鮮な牛血を購入し、ぐつぐつ煮込んだ牛の骨だしに国内産のニンニク・唐辛子粉・くず葉を使い丁寧に煮出し、他では出せない味である。牛血クッパは、登山客一食にもよいし、価格も手ごろで、健康食品である。お店の周辺には、休憩を取る場所アプサン公園と大邱を一望出来るアプサン展望台、ケーブルカーそして、市民の健康を守ってくれるのハイキングも楽しめる。

お問い合わせ先053-623-0613
サムス(三水)うなぎ

サ厶スウナギは、昔から健康食品で広く知られているウナギを、伝統的に伝わる秘法レシピと現代的な感覚を生かして作られる新たに料理。お客様の健康を第一に考え、栄養たっぷりで美味しい。

お問い合わせ先053-745-7800~1
マサン(馬山)ソルロンタン

大邱市中区に位置するマサンソルロンタンは、30年近い伝統を誇る店であり、牛の骨をじっくり煮込んだ味深いスープが一品である。釜に韓牛の骨を入れて、24時間じっくり煮込み、香ばしくてあっさりした味が味わえる。

お問い合わせ先053-254-4317

中華料理

コヒャンジプ・カルグッス

コヒャンジプ・カルグッスは、東区新川洞(松羅路)にあるカルグッス(手打ち麺)専門店で、1階では韓国牛と韓国豚を販売しています。三代目が切り盛りする31年の老舗カルグッス専門店で、2014年には耽味雑誌で「麺料理グルメ店」と紹介されました。新岩地下道から新川駅交差点へ向かっていくと、駅1番出口のすぐ近くにあります。大きい建物で看板も目立つので、すぐ見つけられます。建物の前面と側面に大型駐車場があります。 建物は4階建てで、2階と3階がコヒャンチプ・カルグッスです。1階は「チェバウ・チャムスップル・ソコギチプ」(牛焼肉専門店、コヒャンチプ・カルグッス経営)、2階はテーブルが置かれた小さめの部屋、3階は予約席(全席)と最大100人収容できる大型宴会場という構成です。 メニューは、看板メニューのコヒャン(故郷)カルグッスのほか、チャプサルスジェビ(もち米のすいとん)やチャプサルスンデ(もち米の腸詰め)、アムポン(豚のコブクロ)、スユク(牛肉や豚肉を茹でたもの)などです。昔ながらのレシピにこだわり、麺棒は「ホンドゥッケ」を使っています。アカガニやカタクチイワシ、コンブなど12種類の食材を入れて4時間以上煮込んだ濃厚なスープとコシのある麺、炒めた牛肉をトッピングするのが特徴です。

お問い合わせ先053-751-6850
マッチョウンギョ

お店の名前でもあるマッチョウンギョは、 「おいしい」という大邱の方言から来ている。日々、新しい食文化を目指すふぐ料理専門店。場所は路地裏に位置し、不利な営業環境にもかかわらず 17年という長い歴史がある店だ。常に多くの常連客で営業している。看板メニューのふぐやキノコを組み合わせた高たんぱく低カロリーのメニューは、二重鍋の上段に各種のキノコと野菜、フグの身を入れ下段にはもやし、フグの骨、タケノコ、セリなどふんだんに入れ蒸す。多くの試行錯誤の末に完成した料理だけに店主の深い思いが込められている。「ふぐ料理の大衆化」のために努力するオーナーのマインドがすごい。いかにして栄養をなくさず作るかにも力を入れている。「健康に良いご飯」という慶尚道方言の意味が込められた「健康テッキルバプ」は米ともち米、サツマイモ、インゲン、トウモロコシ、カボチャ、椎茸、銀杏などを入れてた後、生野菜のナムルを混ぜて食べるととっておきの健康料理。ふぐに餅を組み合わせたボクトッキは子供と女性から好評のメニューになっている。

お問い合わせ先053-629-0259
百福寿飯

アプ山のグルメ町にあるペッポクスバンは、黄土部屋で、伝統の美しさを生かした小物と野生の花でインテリアをして、快適で親切なサービスあふれる韓国伝統料理の名家である。サッパの刺身の吸い物、石焼コンドゥレがお勧め。

お問い合わせ先053-656-8848
ボンドンふぐ

二日酔いに良く効くフグ鍋またスープで、さっぱりして淡白な味が堪能できる。セリや大根などを入れたふぐちり鍋と濃厚なソースで煮たふぐメウンタン(辛い鍋)が人気メニューで、ふぐブルゴギも絶品。

お問い合わせ先053-527-2206
サンホチムカルビ( 蒸し煮カルビ)

63年から営業しているドンインドン蒸し煮カルビは、味は辛口で、洋銀鍋に入って出されるのが特徴だ。これが人々からいい伝わられ、100メートルの両側には「ドンインドン蒸し煮カルビ路地」が作られた。他の鉄製鍋に比べ、熱が伝洋銀鍋を使用して、調理された蒸し煮カルビは、最高の肉質になり、多様な種類の薬味が交わって最高の味を作り出す。今では大邱の郷土料理としての位置づけされ、全国で人気を得ている。外国人にご馳走しても喜ばれそうだ

お問い合わせ先053-423-3330
大邱伝統タロ食堂

大邱市選定郷土伝統飲食店で、ご飯とスープ別々出てくる(韓国語でタロ)タロクッパ専門店である。30年以上、この場所でクッパを販売している。そうめんが別に出るので、スープに入れて一緒に召し上がるとさらに美味しい 。同じ食材で料理してもお店ごとに味が違い、これを食べて帰らなければ、絶対に後悔することになる。地方から来た人なら一度は味わって欲しい。

お問い合わせ先053-257-1476
大徳(デドク)

大徳レストランは、大邱人なら誰もが知っているソンジクッパ(牛の凝り固まった血を入れて煮たスープ)で有名なお店である。1979年に夫人がオープンして以来、現店主の息子が受け継いで40年の伝統を誇っている。牛血クッパの秘訣は、特別なものではなく、新鮮な食材と、良い調味料の使用など食品に対してこだわりを大切にしている。毎朝、新鮮な牛血を購入し、ぐつぐつ煮込んだ牛の骨だしに国内産のニンニク・唐辛子粉・くず葉を使い丁寧に煮出し、他では出せない味である。牛血クッパは、登山客一食にもよいし、価格も手ごろで、健康食品である。お店の周辺には、休憩を取る場所アプサン公園と大邱を一望出来るアプサン展望台、ケーブルカーそして、市民の健康を守ってくれるのハイキングも楽しめる。

お問い合わせ先053-623-0613
サムス(三水)うなぎ

サ厶スウナギは、昔から健康食品で広く知られているウナギを、伝統的に伝わる秘法レシピと現代的な感覚を生かして作られる新たに料理。お客様の健康を第一に考え、栄養たっぷりで美味しい。

お問い合わせ先053-745-7800~1
マサン(馬山)ソルロンタン

大邱市中区に位置するマサンソルロンタンは、30年近い伝統を誇る店であり、牛の骨をじっくり煮込んだ味深いスープが一品である。釜に韓牛の骨を入れて、24時間じっくり煮込み、香ばしくてあっさりした味が味わえる。

お問い合わせ先053-254-4317

ハラル

コヒャンジプ・カルグッス

コヒャンジプ・カルグッスは、東区新川洞(松羅路)にあるカルグッス(手打ち麺)専門店で、1階では韓国牛と韓国豚を販売しています。三代目が切り盛りする31年の老舗カルグッス専門店で、2014年には耽味雑誌で「麺料理グルメ店」と紹介されました。新岩地下道から新川駅交差点へ向かっていくと、駅1番出口のすぐ近くにあります。大きい建物で看板も目立つので、すぐ見つけられます。建物の前面と側面に大型駐車場があります。 建物は4階建てで、2階と3階がコヒャンチプ・カルグッスです。1階は「チェバウ・チャムスップル・ソコギチプ」(牛焼肉専門店、コヒャンチプ・カルグッス経営)、2階はテーブルが置かれた小さめの部屋、3階は予約席(全席)と最大100人収容できる大型宴会場という構成です。 メニューは、看板メニューのコヒャン(故郷)カルグッスのほか、チャプサルスジェビ(もち米のすいとん)やチャプサルスンデ(もち米の腸詰め)、アムポン(豚のコブクロ)、スユク(牛肉や豚肉を茹でたもの)などです。昔ながらのレシピにこだわり、麺棒は「ホンドゥッケ」を使っています。アカガニやカタクチイワシ、コンブなど12種類の食材を入れて4時間以上煮込んだ濃厚なスープとコシのある麺、炒めた牛肉をトッピングするのが特徴です。

お問い合わせ先053-751-6850
マッチョウンギョ

お店の名前でもあるマッチョウンギョは、 「おいしい」という大邱の方言から来ている。日々、新しい食文化を目指すふぐ料理専門店。場所は路地裏に位置し、不利な営業環境にもかかわらず 17年という長い歴史がある店だ。常に多くの常連客で営業している。看板メニューのふぐやキノコを組み合わせた高たんぱく低カロリーのメニューは、二重鍋の上段に各種のキノコと野菜、フグの身を入れ下段にはもやし、フグの骨、タケノコ、セリなどふんだんに入れ蒸す。多くの試行錯誤の末に完成した料理だけに店主の深い思いが込められている。「ふぐ料理の大衆化」のために努力するオーナーのマインドがすごい。いかにして栄養をなくさず作るかにも力を入れている。「健康に良いご飯」という慶尚道方言の意味が込められた「健康テッキルバプ」は米ともち米、サツマイモ、インゲン、トウモロコシ、カボチャ、椎茸、銀杏などを入れてた後、生野菜のナムルを混ぜて食べるととっておきの健康料理。ふぐに餅を組み合わせたボクトッキは子供と女性から好評のメニューになっている。

お問い合わせ先053-629-0259
百福寿飯

アプ山のグルメ町にあるペッポクスバンは、黄土部屋で、伝統の美しさを生かした小物と野生の花でインテリアをして、快適で親切なサービスあふれる韓国伝統料理の名家である。サッパの刺身の吸い物、石焼コンドゥレがお勧め。

お問い合わせ先053-656-8848
ボンドンふぐ

二日酔いに良く効くフグ鍋またスープで、さっぱりして淡白な味が堪能できる。セリや大根などを入れたふぐちり鍋と濃厚なソースで煮たふぐメウンタン(辛い鍋)が人気メニューで、ふぐブルゴギも絶品。

お問い合わせ先053-527-2206
サンホチムカルビ( 蒸し煮カルビ)

63年から営業しているドンインドン蒸し煮カルビは、味は辛口で、洋銀鍋に入って出されるのが特徴だ。これが人々からいい伝わられ、100メートルの両側には「ドンインドン蒸し煮カルビ路地」が作られた。他の鉄製鍋に比べ、熱が伝洋銀鍋を使用して、調理された蒸し煮カルビは、最高の肉質になり、多様な種類の薬味が交わって最高の味を作り出す。今では大邱の郷土料理としての位置づけされ、全国で人気を得ている。外国人にご馳走しても喜ばれそうだ

お問い合わせ先053-423-3330
大邱伝統タロ食堂

大邱市選定郷土伝統飲食店で、ご飯とスープ別々出てくる(韓国語でタロ)タロクッパ専門店である。30年以上、この場所でクッパを販売している。そうめんが別に出るので、スープに入れて一緒に召し上がるとさらに美味しい 。同じ食材で料理してもお店ごとに味が違い、これを食べて帰らなければ、絶対に後悔することになる。地方から来た人なら一度は味わって欲しい。

お問い合わせ先053-257-1476
大徳(デドク)

大徳レストランは、大邱人なら誰もが知っているソンジクッパ(牛の凝り固まった血を入れて煮たスープ)で有名なお店である。1979年に夫人がオープンして以来、現店主の息子が受け継いで40年の伝統を誇っている。牛血クッパの秘訣は、特別なものではなく、新鮮な食材と、良い調味料の使用など食品に対してこだわりを大切にしている。毎朝、新鮮な牛血を購入し、ぐつぐつ煮込んだ牛の骨だしに国内産のニンニク・唐辛子粉・くず葉を使い丁寧に煮出し、他では出せない味である。牛血クッパは、登山客一食にもよいし、価格も手ごろで、健康食品である。お店の周辺には、休憩を取る場所アプサン公園と大邱を一望出来るアプサン展望台、ケーブルカーそして、市民の健康を守ってくれるのハイキングも楽しめる。

お問い合わせ先053-623-0613
サムス(三水)うなぎ

サ厶スウナギは、昔から健康食品で広く知られているウナギを、伝統的に伝わる秘法レシピと現代的な感覚を生かして作られる新たに料理。お客様の健康を第一に考え、栄養たっぷりで美味しい。

お問い合わせ先053-745-7800~1
マサン(馬山)ソルロンタン

大邱市中区に位置するマサンソルロンタンは、30年近い伝統を誇る店であり、牛の骨をじっくり煮込んだ味深いスープが一品である。釜に韓牛の骨を入れて、24時間じっくり煮込み、香ばしくてあっさりした味が味わえる。

お問い合わせ先053-254-4317

その他

コヒャンジプ・カルグッス

コヒャンジプ・カルグッスは、東区新川洞(松羅路)にあるカルグッス(手打ち麺)専門店で、1階では韓国牛と韓国豚を販売しています。三代目が切り盛りする31年の老舗カルグッス専門店で、2014年には耽味雑誌で「麺料理グルメ店」と紹介されました。新岩地下道から新川駅交差点へ向かっていくと、駅1番出口のすぐ近くにあります。大きい建物で看板も目立つので、すぐ見つけられます。建物の前面と側面に大型駐車場があります。 建物は4階建てで、2階と3階がコヒャンチプ・カルグッスです。1階は「チェバウ・チャムスップル・ソコギチプ」(牛焼肉専門店、コヒャンチプ・カルグッス経営)、2階はテーブルが置かれた小さめの部屋、3階は予約席(全席)と最大100人収容できる大型宴会場という構成です。 メニューは、看板メニューのコヒャン(故郷)カルグッスのほか、チャプサルスジェビ(もち米のすいとん)やチャプサルスンデ(もち米の腸詰め)、アムポン(豚のコブクロ)、スユク(牛肉や豚肉を茹でたもの)などです。昔ながらのレシピにこだわり、麺棒は「ホンドゥッケ」を使っています。アカガニやカタクチイワシ、コンブなど12種類の食材を入れて4時間以上煮込んだ濃厚なスープとコシのある麺、炒めた牛肉をトッピングするのが特徴です。

お問い合わせ先053-751-6850
マッチョウンギョ

お店の名前でもあるマッチョウンギョは、 「おいしい」という大邱の方言から来ている。日々、新しい食文化を目指すふぐ料理専門店。場所は路地裏に位置し、不利な営業環境にもかかわらず 17年という長い歴史がある店だ。常に多くの常連客で営業している。看板メニューのふぐやキノコを組み合わせた高たんぱく低カロリーのメニューは、二重鍋の上段に各種のキノコと野菜、フグの身を入れ下段にはもやし、フグの骨、タケノコ、セリなどふんだんに入れ蒸す。多くの試行錯誤の末に完成した料理だけに店主の深い思いが込められている。「ふぐ料理の大衆化」のために努力するオーナーのマインドがすごい。いかにして栄養をなくさず作るかにも力を入れている。「健康に良いご飯」という慶尚道方言の意味が込められた「健康テッキルバプ」は米ともち米、サツマイモ、インゲン、トウモロコシ、カボチャ、椎茸、銀杏などを入れてた後、生野菜のナムルを混ぜて食べるととっておきの健康料理。ふぐに餅を組み合わせたボクトッキは子供と女性から好評のメニューになっている。

お問い合わせ先053-629-0259
百福寿飯

アプ山のグルメ町にあるペッポクスバンは、黄土部屋で、伝統の美しさを生かした小物と野生の花でインテリアをして、快適で親切なサービスあふれる韓国伝統料理の名家である。サッパの刺身の吸い物、石焼コンドゥレがお勧め。

お問い合わせ先053-656-8848
ボンドンふぐ

二日酔いに良く効くフグ鍋またスープで、さっぱりして淡白な味が堪能できる。セリや大根などを入れたふぐちり鍋と濃厚なソースで煮たふぐメウンタン(辛い鍋)が人気メニューで、ふぐブルゴギも絶品。

お問い合わせ先053-527-2206
サンホチムカルビ( 蒸し煮カルビ)

63年から営業しているドンインドン蒸し煮カルビは、味は辛口で、洋銀鍋に入って出されるのが特徴だ。これが人々からいい伝わられ、100メートルの両側には「ドンインドン蒸し煮カルビ路地」が作られた。他の鉄製鍋に比べ、熱が伝洋銀鍋を使用して、調理された蒸し煮カルビは、最高の肉質になり、多様な種類の薬味が交わって最高の味を作り出す。今では大邱の郷土料理としての位置づけされ、全国で人気を得ている。外国人にご馳走しても喜ばれそうだ

お問い合わせ先053-423-3330
大邱伝統タロ食堂

大邱市選定郷土伝統飲食店で、ご飯とスープ別々出てくる(韓国語でタロ)タロクッパ専門店である。30年以上、この場所でクッパを販売している。そうめんが別に出るので、スープに入れて一緒に召し上がるとさらに美味しい 。同じ食材で料理してもお店ごとに味が違い、これを食べて帰らなければ、絶対に後悔することになる。地方から来た人なら一度は味わって欲しい。

お問い合わせ先053-257-1476
大徳(デドク)

大徳レストランは、大邱人なら誰もが知っているソンジクッパ(牛の凝り固まった血を入れて煮たスープ)で有名なお店である。1979年に夫人がオープンして以来、現店主の息子が受け継いで40年の伝統を誇っている。牛血クッパの秘訣は、特別なものではなく、新鮮な食材と、良い調味料の使用など食品に対してこだわりを大切にしている。毎朝、新鮮な牛血を購入し、ぐつぐつ煮込んだ牛の骨だしに国内産のニンニク・唐辛子粉・くず葉を使い丁寧に煮出し、他では出せない味である。牛血クッパは、登山客一食にもよいし、価格も手ごろで、健康食品である。お店の周辺には、休憩を取る場所アプサン公園と大邱を一望出来るアプサン展望台、ケーブルカーそして、市民の健康を守ってくれるのハイキングも楽しめる。

お問い合わせ先053-623-0613
サムス(三水)うなぎ

サ厶スウナギは、昔から健康食品で広く知られているウナギを、伝統的に伝わる秘法レシピと現代的な感覚を生かして作られる新たに料理。お客様の健康を第一に考え、栄養たっぷりで美味しい。

お問い合わせ先053-745-7800~1
マサン(馬山)ソルロンタン

大邱市中区に位置するマサンソルロンタンは、30年近い伝統を誇る店であり、牛の骨をじっくり煮込んだ味深いスープが一品である。釜に韓牛の骨を入れて、24時間じっくり煮込み、香ばしくてあっさりした味が味わえる。

お問い合わせ先053-254-4317