모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索圏域別観光名所
프린트 趙吉芳家屋뒤로가기
  • 趙吉芳家屋
  • 趙吉芳家屋
  • 趙吉芳家屋
  • 趙吉芳家屋
  • 趙吉芳家屋

この建物は約290年前に建てられた古い家屋だ。アンチェ・サランチェ・アレチェで造られ、サランチェとアレチェは後で修正したものである。 <もっと調べる> 深い山里の村に位置したわら屋で、9代目が定着したとき建てた家だという。サランチェは60年ほど前に拡張し、アレチェは30年以上前に再建された。山全体が西向きに傾斜しており、隠れるように町が中に位置し、家はすべて西向きになった。かつては15ほどの家があったが、今では6だけ残っている。高い堤防の上に建てたアンチェを中心に、右側にはサランチェ、左側にはアレチェが付属建物のように低く直面して配置されている。アンチェの正面壁には、大きさが非常に小さい開き戸1対になっているが、出入りはなく、採光と通風のために作られたものと見られる。わら屋ではまれに古い建築で、特にアンチェの窓戸は、住宅史研究の重要な資料である。現所有者の遠い先祖は大邱の東北方の東村飛行場の近くに住んでいたが、9代祖光國氏(1708~1776)が入ってきて定着するようになったと言い、アンチェはこの時造られたと推測される。本家屋のアンチェは荒石に高積んだ石垣の上に西向きかつ左側に堤防を延長させ、台所のそばに甕を備えていた。堤防の前の低い中庭には、左右にアレチェとサランチェが庭を中心に付属建物のように低く配置され、比較的アンチェの比重を引き立てている。アンチェは南部型に属する平面構成に2間床の左側に広間と台所を、右側に向い部屋を配置している。自然石柱礎に方柱建て、部屋の周りは土壁を造り床の前面中央柱のみを使用した。円周の上部は簡素な構造となっている。現所有者の父親はこの家が「萩の柱に漆器ボトジャン(漆器木製の梁)家」と、いつも村の人々に自慢した。広間と向い部屋に出入りする片開きグンパンセサル門は、高さが非常に低く、体を曲げなければ出入りすることができない。住宅の発達史研究の重要な資料になっている。

利用時間 制限なし
障害者便宜施設 別途の便宜施設なし
韓国語案内サービス 案内サービスなし
外国語案内サービス 案内サービスなし
駐車施設 約5台駐車可能

指導

地域内の大衆交通情報

道の検索
Recommend for you