모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索圏域別観光名所
프린트 大邱郷校뒤로가기
  • 大邱郷校
  • 大邱郷校
  • 大邱郷校
  • 大邱郷校
  • 大邱郷校

朝鮮を建国した太祖(李成桂)は、以前の高麗王朝の仏教中心政策を抑制し、日常生活礼節の根本となる儒學を知らせようとした。それと同時に民に教育を広め、地域の伝統文化を先導し、儒學の聖賢などの祭礼儀式を拡散させるため大邱郷校を建てた。当初1398年に建てられ、1592年壬辰倭乱の際失ってしまったが、1599年に達成公園に再建され、1605年に校洞に移り、1932年日帝强占期の儒学者集会による抗日運動封鎖のため現在の位置に移転となった。大成殿では、儒教文化の中興のために嶺南各地から儒林などが集まり、年2回春秋仲月(2、8月)の上丁日に釋奠大祭を祭っている。大成殿は正面3間、側面3間に升形を柱上の柱の間にに組み込また多包式建築で単層切妻瓦屋根の家である。現在大邱広域市文化資料第1号に指定されている。現在でも明倫堂と儒林会館では、四書経典講義、忠孝教室、伝統婚礼などが行われる現代の郷校の役割を果たしている. <もっと調べる> 朝鮮を建国した太祖•李成桂は、新羅以来の仏教政策を抑制し、日常生活礼節の根本となる留学を広く伸ばし、民に教育をすすめ檀君の開国理念である弘益人間を実現しようと、全国234の郡県に郷校を立てた。この時が1398年(檀期3731年)の太祖7年だった。郷校の機能としては第一に、教育を通じて民を文盲から解放させようとする大きな目的と、第二に、地域の伝統的な文化活動の拠点としての先導役と第三に、孔子をはじめとするいくつかの聖賢君子と大師匠を迎え入れ祭礼を上げることにより礼節意識を広く普及して、道徳的な人間像の実装と自己達成と望ましい行動の変化を追求する教育の目標を明らかにした。大邱郷校も上記の目的を遂行しながら複数回移転、再建される変遷の過程を経た。1398年校洞に建てたが、1592年壬辰倭乱で失しなり1599年に達成公園に再建されたが、1605年校洞に移し、1932年、日帝强占期に儒林集会による抗日運動封鎖のために現在の位置に移った。大成殿では、儒教文化の中興のために嶺南各地から儒林などが集まり、年2回春秋仲月(2、8月)上丁日に釋奠大祭を祭っている。大成殿は正面3間、側面3間に升形を柱上の柱の間にに組み込また多包式建築で単層切妻瓦屋根の家である。(現在:大邱広域市文化資料第1号に指定)大成殿には、孔子を定位に仕え四聖(顔子、曾子、子思、孟子)を配享して、東從と西從には宋朝二賢、新羅朝二賢、高麗朝二賢、朝鮮朝十四賢の位牌を祀っており、毎月朔望と内賓客は焚香礼を上げた。明倫堂は大邱地域の儒林たちが集まり、学問と道義を講義した場所で、、この地域の多くの人材を育成し輩出した。大成殿前庭には、昔の慶尚道観察使の功徳を称える記念碑が並んで立っており、珍しい風景を成している。大成殿前庭には、昔の慶尚道観察使の功徳を称える記念碑が並んで立っており、珍しい風景を成している。孔子像が立っている静かな前庭からは都心内の瞑想空間になっている。現在でも明倫堂と儒林会館では、四書経典講義、忠孝教室、伝統婚礼などが行われ現代の郷校の役割を果たしている。

利用時間 行事ごとに異なる
障害者便宜施設 別途の便宜施設なし
韓国語案内サービス 郷校事務所に文化観光解説者
外国語案内サービス 郷校事務所に文化観光解説者
駐車施設 駐車可能

指導

地域内の大衆交通情報

道の検索
Recommend for you