모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索圏域別観光名所
프린트 道成庵뒤로가기
  • 道成庵
  • 道成庵
  • 道成庵
  • 道成庵
  • 道成庵

琵瑟山大見峰を越えて山の麓に位置する琵瑟山は、瑜伽寺からは約1.2㎞の距離に位置する。三國遺事によると、新羅恵恭王の時代に道成國師が建てられたと伝われる。 高麗成宗元年(981)に成梵大師が萬日彌陀道場を開き、50年以上修道した場所で知られている。道成庵極楽殿の前には、新羅時代に建立された道成庵三層石塔も見ることができる。 <もっと調べる> 2003年9月に韓半島を襲った台風14号は、多くの人命・財産被害により私たちの胸に深い傷を残した。また水害や土砂崩れ、強風による各寺院の被害も想像以上に大きかった。台風が過ぎ去ってからしばらくの間、道成庵は復興が難しい状況だった。台風に備えた水路建設をはじめ、新しい全角を立てて新羅古刹道成庵を少しずつ立て直した。 道成庵は新羅備玄徳王2年(810)に創建したが、壬辰倭乱の際焼失してしまい、そこから歴史が止まってしまった。 現在の道成庵は、阿弥陀仏のウィシンリョクにもたれて昌寧の舟山であり、絶景でよく知られている火旺山の中腹に位置し、ヒョンミョハン磁性を見つけ念仏祈り霊験道場となっている。 道成庵は2年前の悪夢を知っているかは分からないが、どこの裁判官のような静けさを取り戻した。最近では、普濟樓佛舍を終え丹靑佛事する日を待っている。 また、しばらく前には、大雄殿の石造如来坐像が道有形文化財に指定された。

利用時間 制限なし
障害者便宜施設 別途の便宜施設なし
韓国語案内サービス 案内サービスなし
外国語案内サービス 案内サービスなし
駐車施設 駐車可能

指導

地域内の大衆交通情報

道の検索
Recommend for you