모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索圏域別観光名所
프린트 瑜伽寺뒤로가기
  • 瑜伽寺
  • 瑜伽寺
  • 瑜伽寺
  • 瑜伽寺
  • 瑜伽寺

桐華寺の末寺である瑜伽寺は、新羅興徳王2年に道成國師によって創建された。寺の名前の由来は、琵瑟山の岩の姿が美しいということでつけられた。その後、何度も修造過程を経て今日に至る。付属僧庵には、修道庵・淸神庵・道成庵がある。梵鐘閣付近から大雄殿の屋根の上を見ると、琵瑟山岩群が瓦のように、大雄殿の上に載っているように見える。近くには道成庵と道通巖などが位置している。 <もっと調べる> 桐華寺の末寺瑜伽寺は、新羅時代興徳王2年に道成國師によって創建され、寺の名前の由来は、琵瑟山の岩の姿が美しいということで美しい宝玉の瑜、寺の伽の字をもとに名づけたと境内に立てられた案内板に書かれてている。その後ろに真聖女王3年に垣岑禪師が改築するなど、何度も修造過程を経て、今日に至る。付属僧庵としては、修道庵・淸神庵・道成庵がある。梵鐘閣付近で、大雄殿の屋根の上を見ると、琵瑟山岩群が瓦のようにな姿が見に見える。瑜伽寺から出発して50mほど登ると修道庵があり、そこからさらに約30分進むと道成庵に着く。山の中腹に据え周囲の景観と眺望に優れた道成庵は、琵瑟山で最も古い僧庵である。道成庵を過ぎて右へ約10分ほど登ると、道成國師が道を悟られたと言う道通巖に到着する。主稜線までの約40分は、景観が良く休憩に適した岩峰と一本道が交互に現れ、山歩きの醍醐味を感じさせてくれる。そして、稜線に上がると平原地帯が広がりススキと数十個の石でなり、頂上に届く。頂上に着くと, 西南に悠々と流れる洛東江が見え、遠く伽倻山の山脈を一望できる。瑜伽寺近くの琵瑟山自然休養林(053-614-5481)も晩秋の落葉が落ちる頃は散歩にいい場所だ。逍災寺の隣の切符売り場から、照華峰方面の谷に沿ってマンション型小屋・丸太・青少年修練場・炊事場・芝生広場などが並んでいる。特に琵瑟山自然休養林では非常に大きい岩があちこちにあり、群落を成し遂げた岩怪類と崖錐が目を引く。

利用時間 制限なし
障害者便宜施設 別途の便宜施設なし
韓国語案内サービス 文化観光解説者
外国語案内サービス 外国語 文化観光解説者 平日の可能、または外国人団体予約の際
駐車施設 駐車可能

指導

地域内の大衆交通情報

道の検索
Recommend for you