모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索圏域別観光名所
프린트 李始榮先生殉國記念碑뒤로가기
  • 李始榮先生殉國記念碑
  • 李始榮先生殉國記念碑
  • 李始榮先生殉國記念碑

抗日運動の先頭に立った李始榮氏を称える記念碑としてアプ山公園に1972年6月17日建立された。李始營(1882-1919)は韓末の抗日運動家で朝鮮国権回復団、大韓光復会を組織して独立運動を主導した人物である。 <もっと調べる> 李始營は、韓末の抗日運動家で本籍は慶州にある、大邱出身(本籍は慶州)の独立運動家で朝鮮国権回復団、大韓光復会を組織した。彼は幼い頃から父親(李寬俊)に漢学を学び勉学のみならず身体も丈夫で、すべてにおいて優れていた。性格は、考えるよりまずは実践と積極的だった。彼は25歳の時に傾いていく国を考え、抗日運動をするという強い信念と覚悟で中国に渡った。その際、尹相泰・徐相鎬・鄭雲馹と共に、愛国団という秘密組織を作った。 まず始めに、軍資金を調達するために徐某という当時大邱富豪の支援を得ることにした。徐富者はケチで有名かつ、民族意識がなく彼らの意に同調しないと判断。彼の息子を愛国団に参加させ、彼が自発的に軍資金を出させようと図ったが、徐富者に思いは届かなかった。軍資金調達が難しくなり、最後の手段として徐富者の家に彼の息子を前面に出して侵入したが失敗に終わる。これにより、日本の警察に逮捕され、強盗罪で2年間出監。その後、再び崔俊・安熙濟・徐相日などの同志を糾合し、光復党を組織した。1914年に再び故国を離れて北京で抗日運動。1918年帰国後、翌年2月には池靑天・韓龍雲などと一緒に嶺南儒林代表200人をソウルへ送った。その時、儒林側で彼に民族代表として署名してもらおうとすると「私の目的はただ、日帝と戦うことだ」との過激な活動路線を話した。3.1運動直後、彼に賛同する韓偉健、金永浩など青年を連れて満州へ行き柳河縣三源浦に新興武官學敎を建てた。しかし、長年の放浪生活により蓄積された過労のせいか、1919年7月9日、若い年齢で死去。彼の死を知った安昌浩は「文武両道で、大きな星を失った」とその場で号泣した。李始營も「国の大きな星だった...」と、言葉を詰まらせたと言う。1963年の大統領表彰が追叙された。

利用時間 制限なし
障害者便宜施設 障害者用トイレ, 障害者用駐車場
韓国語案内サービス 案内サービスなし
外国語案内サービス 案内サービスなし
駐車施設 共用駐車場14,620平方m(451台収容)

指導

地域内の大衆交通情報

道の検索
Recommend for you