모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索圏域別観光名所
프린트 聖母堂뒤로가기
  • 聖母堂
  • 聖母堂
  • 聖母堂
  • 聖母堂
  • 聖母堂

1990年12月15日大邱広域市有形文化財第29号に指定された。財団法人大邱カトリック教会維持財団の所有となっている。フランスのルルドの洞窟を真似し造ったといわれ、全国でも有名なカトリックの聖地である。赤•黒レンガと花崗岩で積み上げられ、美しく洗練された建物で有名である。1917年7月に着工して1918年8月15日に完成した。大邱カトリック教会初代教区長であったデマンジュ神父が建築した。設計と模型は、ルルドの聖母の洞窟を真似しできる限りルルドの聖母の洞窟の大きさと岩の詳細な面まで似るようにした。建築工事は中国人技術者が担当した。聖母堂は敎區庁で一番高いところに位置しており、前面に広い庭があり、北向きに立てた赤レンガ造りの建築である。平面は右側面の後方が内側に若干折れて入った長方形に、内部は岩窟のように飾って、その上にマリア像を奉安した。外観は花崗岩の基盤の上に黒色のレンガで、各コーナーの擁壁と水平帯を設定し、残りの壁面には赤レンガの積み、各部の比例構成が美しくレンガ編みが精巧で、当時の姿をよく残している。建物の装飾は、正面に集中している。前部は黒色レンガを使用して両端面にそれぞれ一対のバットレスを立てた。その間には大きな半円アーチを設置して、左右対称を成すようにした。その上には狭い間隔で3行の水平帯を置いて、小さな半円アーチで装飾し、残りの壁は赤レンガで築いた。聖母堂の洞窟上面には、「1911 EXVOTO IMMACULATAE CONCEPTIONI 1918」と書かれている。1911は、大邱教区が最初に出来た年を指し、1918はデマンジュ神父が教区のために神に求めた3つの願いがすべて行われた年を指す。そして、「EXVOTO IMMACULATAE」は「原罪なく考案になられた聖母に捧げた許願で」という意味である。

利用時間 制限なし
障害者便宜施設 別途の便宜施設なし
韓国語案内サービス 案内サービスなし
外国語案内サービス 案内サービスなし
駐車施設 駐車可能

指導

地域内の大衆交通情報

道の検索
Recommend for you