모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索圏域別観光名所
프린트 南平文氏本里世居地뒤로가기
  • 南平文氏本里世居地
  • 南平文氏本里世居地
  • 南平文氏本里世居地
  • 南平文氏本里世居地
  • 南平文氏本里世居地

花園邑本里里には、文益漸の18世孫文敬鎬がその敷地に建設した南平文氏本里世居地が位置している。その旧市街が今日まで保存され、民俗資料第3号に指定されている。代表的な建物は、廣居堂と壽峰精舍、仁壽文庫を挙げることができる。廣居堂は、子弟の学問・教養を積むための修学場所とし、壽峰精舍はお客様や会議を開いた時に使う建物として使われた。文中書庫の仁壽文庫は国内外1万冊の典籍を所蔵しており、図書閲覧室である書舍と補助書庫もあった。周囲の景観が美しく、交通の便も良い。 <もっと調べる> 月背から花園小学校を過ぎた後、川内川に沿って3kmほど進むと左側に韓屋が多く見られる集落が仁興村であり、南平文氏本里世居地である。 住宅は、日の当たる良い場所に位置し、川内川が流れている。村は住宅9号、在室2軒、文庫1ケ所など大・小60軒の建物で構成されている。南平文氏は木花の種を持ち込んだ高麗時代の忠臣文益漸が中始祖である。南平文氏が大邱に入郷たのはだいたい500年前のと推定され、ここ仁興に来たのは文益漸の18世孫である仁山齋文敬鎬(1812~1874)の時である。彼は村を作ることを計画し、元々寺があった明堂のこの場所に区画を定め、道路を作ったあと家を建てるための基盤を築いた。世居地で最初に建てられた建物は龍湖齋(1834年)で、現在の廣居堂があるところだった。住宅が入ったのは1856年で、最初は草家だったが、1873年以降すべてが瓦家で建てられた。村の代表的な建物の一つである壽峰精舍は世居地前面に位置しており、当初壽峰氏が亡くなった後、彼の意志を称えるために1936年建て、廣居堂は1910年の龍湖齋の場所に接客と子弟の学徳増進を目的のために建立した。書庫の仁壽文庫は子弟の教育のために1万冊の本を収集し、本の閲覧のための建物を建設。ここにある建築物は、年代が200年未満であるが伝統的な嶺南地方の両班家屋の枠組みを守り、周囲の環境と調和するよう町を構成した。1975年、慶尚北道民俗資料第3号に指定されたが大邱に編入されて大邱民俗資料第3号再指定された。

利用時間 AM 10:00~PM 06:00
障害者便宜施設 別途の便宜施設なし
韓国語案内サービス 文化観光解説者
外国語案内サービス 担当言語の文化観光解説者(英、日)勤務日に可能、または外国人団体予約の際
駐車施設 駐車可能

指導

地域内の大衆交通情報

道の検索
Recommend for you