모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索圏域別観光名所
프린트 逍災寺뒤로가기
  • 逍災寺
  • 逍災寺
  • 逍災寺
  • 逍災寺
  • 逍災寺

逍災寺は、琵瑟山の南斜面に位置し、「災害をなくしてくれるところ」という意味がある。この寺は、新羅時代に創建されたと伝えられている。1976年に補修して境内には大雄殿・冥府殿・山靈閣がある。大雄殿は正面3間、側面3間の単層切妻造りに內三出目、外二出目の多包式建築であり、冥府殿は正面3間、側面2間の単層切妻造りの二翼工樣式構造である。 <もっと調べる> 大韓仏教曹渓宗第9教区本寺である桐華寺の末寺である。新羅時代に創建されたという。 1358年(恭愍王7)眞寶が重創した後、1457年(世祖3)活輪、1510年(中宗5)外巖がそれぞれ修復して1857年(哲宗8)に法盧が修造した。 建物には大雄殿と冥府殿•寮舎などがある。このうち大雄殿は1978年に補修し、冥府殿は近年に崩れて再び修造した。 遺物には、寺の裏側にある達成龍鳳洞石仏立像が有名である。花崗岩に刻まれた仏像で薬師仏と推定される。高さ2.8mあり、大邱広域市有形文化財第35号に指定された。 彫刻手法から見て統一新羅時代の作品と思われる。寺の近くには、皮膚病に効果があるという薬水が湧き出ており、水の表面に金粉のような小さな粒子が浮いており、金水井と呼ばれる→薬水が湧き出ており、水の表面に金粉のような小さな粒子が浮いていることから金水井と呼ばれている。 一方、この寺がある瑜伽寺は山の頂上の岩の姿が→この寺がある琵瑟山は山の頂上の岩の姿がまるで神仙が琴を引く姿に見えることから名付けられた。新羅時代には、包山と呼ばれており昔から靜聖大王という山神が住む聖地として知られている。

利用時間 制限なし
障害者便宜施設 別途の便宜施設なし
韓国語案内サービス 案内サービスなし
外国語案内サービス 案内サービスなし
駐車施設 25台 駐車可能

指導

地域内の大衆交通情報

道の検索
Recommend for you