모바일메뉴

観光名所

HOME観光名所観光名所検索圏域別観光名所
프린트 李鎬雨詩碑뒤로가기
  • 李鎬雨詩碑
  • 李鎬雨詩碑
  • 李鎬雨詩碑

観念的浪漫主義を開拓した詩人、李鎬雨の業績を称えるために建立された詩碑である。慶北淸道慶北淸道生れ。主に大邱で活動しており、[李鎬雨時調集](1955)、[休火山](1968)などを出刊した。この詩碑は現在大邱アプ山公園に位置している。 <もっと調べる> 詩調詩人で本籍は慶州。兒號は本名からとって李鎬雨にした。1912年3月2日、慶尚北道淸道の内湖町で郡守鍾洙と母の具鳳來の1男2女のうち、長男として生まれた。郷里の義明學堂を経て密陽普通学校を卒業して、1924年京城第1高等普通学校に入学したが、1928年神病のせいで故郷に戻った。1929年、日本の東京芸術大学に留学したが、やはり神病の再発で学業を途中で放棄して、次の年に帰国した。1934年金海金氏順南と結婚した。光復後、大邱日報の編集と経営に参加したのを皮切りに、1952年大邱日報文化部長論説委員などを歴任し、1956年以来2年間、大邱毎日新聞編集局長論説委員を務めた。一方では詩作活動をして地方文化暢達に功績を残した。1939年東亜日報の投稿欄に<落葉>を発表し、活動を開始。1940年<文章>6.7合併号に詩調<月夜>が李秉岐の推薦を受けて本格的に展開された。作品集としては1955年に爾豪愚時調集が出版され、続いて妹の永道と共に出した時調集<雨が降って風が吹きます>中の1巻<休火山>(1968)を出版して話題を集めた。彼の詩調観は「一つの民族」「一つの国」であるとした。国民詩は、簡潔な型と庶民的で平明した内容でなければならないとしていた。彼のこの感性は作品によく反映がされている。彼は生涯を詩調に専念し、1970年死去した。彼の死後1972年大邱アプ山公園に詩碑が立てられた。1955年の最初の作品集である「李鎬雨時調集>で第1回慶北文化賞を受賞している。編著では<古今時調精解>がある。

利用時間 制限なし
障害者便宜施設 別途の便宜施設なし
韓国語案内サービス 案内サービスなし
外国語案内サービス 案内サービスなし
駐車施設 駐車可能

指導

地域内の大衆交通情報

道の検索
Recommend for you